」カテゴリーアーカイブ

夜、

本を開いて
文字を追って
次第に追われて
薬缶が息を吐き
夜がまた深まる頃
ねこが砂利を蹴る音がする
ぎゃあぎゃあと騒ぎ
それは二つに増え
追いかけ合い
バケツが転がり響く
僕も外へ出て三つ巴
騒がないし
追われないが
今日一日何かひとつでも
と思いながら
自分の影を追いながら