カテゴリー別アーカイブ:

流れていく夜

沈黙がぼくらのあいだに滑り込んできて
満天の星空の下で眠る
冗談

ぼくらの光の集合体のせいで
消えてしまった星星
蒸発することも
留まることもなく
流れ動き続ける
海ら

赤子になって沈んでしまう前に
高速でビルの隙間を抜けていく
夜中

見知らぬ街は
誰かの恋人は
巨大な塔は
過ぎていく景色は
時よりぼくらの味方をする

星座を線で繋いでくれたら
何も見失うことなく
歩いていけるというのに

戒厳令をそのままに
聞いたことのない絶望の隅で
不覚にもお腹がすく
時間