カテゴリー別アーカイブ:

雷雲に向かって

得ようとして
赤裸裸になる

避けようとして
赤裸裸になる

歩くたびに見かける
野草をつかんで
乾いた口のなかに
放り込むように

さっきまでの雷雨でできた
水たまりに投げた

君たちの記憶に
線引きをする必要などはないが

地球上で起きている
あらゆる戦争にそろそろ飽きはじめている

眠気覚ましに飲んだ珈琲よりも
ふいに読んだ言葉の一文のほうが

よほど目が覚める

欲望に悩むことはない
渇望することに蔑むことはない

ただ一度
その指を掴んでみたいだけだと

去り行く雷雲に向かって
舌を出した