カテゴリー別アーカイブ:

白黒の

積み上げるだけ積み上げて

ひとつを手にするとき

発した言葉は

数年ぶりに再会する友人のようだった

途方もない変わらずの準備段階で

謎の容器に入った

ごく普通のお茶を飲み込む

さっき見たのは夢か現か

それとも

今はまだ君のいない世界

せめて名前だけでも

拾得されたい

大きな大きな交差点だったとしても

一斉に静止するタイミングで