作成者別アーカイブ: yuzu1989

帰宅時間帯

右足を踏み込んでいるだけで
時間をとばしていける

風が稲穂を撫でてから
自動販売機の
ダイドードリンコの文字にぶつかる

ある人は東へ向かって
南の空から西の空へ
ある人は北へ向かって
西の空は次第に燃え上がり

烏はときおり
カッコウと鳴いていた
散歩する犬は
あくびをこらえて

すべてが燃え上がり消えていく
その瞬間
なにもかもが停止する

サイレンでさえも
赤ん坊の泣き声でさえも

つまり
同僚の顔をもう思い出せない