月別アーカイブ: 2015年7月

紫色の

大勢のキャラメルを目の前にして
(数えたら三十六粒)
一枚の葉書に想いを馳せる
ただ暑いだけではない
休息となる嗜好に向けて
深い理由はないけれど
からだの一部分が欲求する
震える指先と瞼
山の隙間に見えた道は
遠くに思えた
記憶がまだわりと鮮明なうちに
音をたてずに吸い上げる
一日を分解して
わずかに頭をもたげながら
紫色が綺麗だと
あらためて知った日