こぼれる

ほんの少し寄りかかっていたいとき
さらさらと手からこぼれていってしまう

無意識に
とまではいかないけれど

ジカンノモンダイ
でもあったりする

胃がまるで独立した存在になったように
どくどくと飛び跳ねている

指先に残る余韻の行方が
全くわからないから

からだを部屋中にひろげて
ただ目を閉じる

朝がくるのも
ジカンノモンダイだ

たぶんどこかで
こぼれた欠片をひろうだろう

もうあてはまらない
時間の欠片をひろうだろう