深夜の眠りをこえて

すぐそこまで
言葉たちが迎えにきている
それにも関わらず
わたしは眠りを迎えに行こうとしている

ああ、やがて
それぞれが石のようになり
あるいは砂のようになり

だけれど
それだって不健全

深夜の眠りをこえて
行き着いても
わたしは言葉をこえない

ねむり ねむり
わたしを囲む眠りの時間
時間を囲む理由

言葉よ
もう少しだけ付き合ってはくれまいか